医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

貼るだけ人工膵臓

2020/07/15 会員限定記事

医工連携の実践者24 松元亮 東京医科歯科大学生体材料工学研究所准教授

連載 :

 健康なヒトの体では、飲食などで血液中のグルコース濃度(血糖値)が上がると、末梢細胞にグルコースを取り込ませる働きのインスリンが膵臓から分泌され、その働きによって細胞への糖蓄積が起こり、結果として血糖値は一定の範囲内に収まる。一方、糖尿病では、細胞への糖流入が滞り、血糖値も下がりにくくなってしまう。自己免疫疾患などによって膵臓のβ細胞が破壊されインスリン分泌の絶対量が足りなくなった1型と、インスリンの効き目が相対的に不足している2型とに分かれていることは、ご存じのとおりだ。  1型糖尿病や進行した2型糖尿病の患者が日常生活を営むためには、注射によるインスリン投与が必須だ。ただし、きちんと血糖値をモニターしないままインスリンを投与すると、生命の危険に直結する低血糖状態を引き起こしかねない。近年は、血糖値をモニターしつつ自...  健康なヒトの体では、飲食などで血液中のグルコース濃度(血糖値)が上がると、末梢細胞にグルコースを取り込ませる働きのインスリンが膵臓から分泌され、その働きによって細胞への糖蓄積が起こり、結果として血糖値は一定の範囲内に収まる。一方、糖尿病では、細胞への糖流入が滞り、血糖値も下がりにくくなってしまう。自己免疫疾患などによって膵臓のβ細胞が破壊されインスリン分泌の絶対量が足りなくなった1型と、インスリンの効き目が相対的に不足している2型とに分かれていることは、ご存じのとおりだ。  1型糖尿病や進行した2型糖尿病の患者が日常生活を営むためには、注射によるインスリン投与が必須だ。ただし、きちんと血糖値をモニターしないままインスリンを投与すると、生命の危険に直結する低血糖状態を引き起こしかねない。近年は、血糖値をモニターしつつ自動

会員限定記事

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence