医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医者は製薬企業の「道具」だったのか

ディオバン事件、検察とノバルティスが「間接正犯」で攻防戦

2016年12月15日号

 1年前に始まったディオバン事件の裁判が、大詰めを迎えている。11月25日に東京地裁で開かれた公判では、検察官がノバルティスファーマの元社員、白橋伸雄被告に懲役2年6月を求刑。本稿が出る12月中旬頃には結審する見通しとなった。ただ、これまで計38回もの公判を重ねてきたが、結局、京都府立医科大学で行われた降...  1年前に始まったディオバン事件の裁判が、大詰めを迎えている。11月25日に東京地裁で開かれた公判では、検察官がノバルティスファーマの元社員、白橋伸雄被告に懲役2年6月を求刑。本稿が出る12月中旬頃には結審する見通しとなった。ただ、これまで計38回もの公判を重ねてきたが、結局、京都府立医科大学で行われた降圧剤

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)