医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

注目新薬と市場展望

どうなる「オプジーボ」と「キイトルーダ」の今後

第5回

UBS証券株式会社 調査本部アナリスト 関 篤史

2016年12月15日号

 11月16日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で「オプジーボ」の緊急的な対応が議論され、同日の総会で了承された。月額約290万円(非小細胞肺がん)の薬価は17年2月より半額に引き下げられる。2月には同じ抗PD1抗体「キイトルーダ」の薬価収載も見込まれ、今後さらにがん免疫療法薬市場が拡大することになる。...  11月16日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で「オプジーボ」の緊急的な対応が議論され、同日の総会で了承された。月額約290万円(非小細胞肺がん)の薬価は17年2月より半額に引き下げられる。2月には同じ抗PD1抗体「キイトルーダ」の薬価収載も見込まれ、今後さらにがん免疫療法薬市場が拡大することになる。こ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)