医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

間違いだらけのHTA

費用対効果「対象」の海外評価は

第8回

東京大学大学院薬学系研究科 五十嵐中

2016年3月1日号

 16年4月改定からの「費用対効果評価の試行的導入」まで残り2ヵ月余りとなった1月20日の中央社会保険医療協議会で、既収載医薬品からターゲットを選ぶ基準が公表された。  12〜15年までの4年間に上市された品目から、希少疾病治療薬などを外したうえで、 ①「加算率」が最も高いもの②「加算率」が10%以上の製品...  16年4月改定からの「費用対効果評価の試行的導入」まで残り2ヵ月余りとなった1月20日の中央社会保険医療協議会で、既収載医薬品からターゲットを選ぶ基準が公表された。  12〜15年までの4年間に上市された品目から、希少疾病治療薬などを外したうえで、 ①「加算率」が最も高いもの②「加算率」が10%以上の製品  

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)