医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

自殺まで考えた医師の「嘘」

ディオバン事件、元講師の「涙」に循環器学会も騙された

2016年2月15日号

舞台となった京都府立医大 ディオバン事件の公判が昨年末から東京地裁で始まり、次々と新たな供述や証言が明るみになってきた。2月1〜2日にはノバルティスファーマの元社員、白橋伸雄被告(薬事法違反で逮捕)とともに、東京地検から嫌疑をかけられていた、京都府立医科大学の沢田尚久元講師が検察側の証人として出廷... 舞台となった京都府立医大 ディオバン事件の公判が昨年末から東京地裁で始まり、次々と新たな供述や証言が明るみになってきた。2月1〜2日にはノバルティスファーマの元社員、白橋伸雄被告(薬事法違反で逮捕)とともに、東京地検から嫌疑をかけられていた、京都府立医科大学の沢田尚久元講師が検察側の証人として出廷した

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)