医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬価基準の歴史

薬価基準制度の基礎づくり(続)

第24回

業界アナリスト 藤辺徹貴

2016年2月15日号

 1955年(昭和30年)9月の薬価基準改正では、それまで薬価基準は都道府県知事が地域において薬価を定めるための「標準価格表」であったものが、厚生大臣の定める全国統一の薬価基準とされた。また、告示名も、「使用内服薬、使用外用薬、使用注射薬の購入価格(薬価基準)」に改められた(昭和55年9月9日付厚生省告示...  1955年(昭和30年)9月の薬価基準改正では、それまで薬価基準は都道府県知事が地域において薬価を定めるための「標準価格表」であったものが、厚生大臣の定める全国統一の薬価基準とされた。また、告示名も、「使用内服薬、使用外用薬、使用注射薬の購入価格(薬価基準)」に改められた(昭和55年9月9日付厚生省告示第29

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)