医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

漢方処方 千差万様

牛黄製剤の「効き目」

第9回

安廣誠心堂薬局 安廣嘉人

2015年11月1日号

 漢方薬局を営んでいく上で大切なのが「生薬」です。 「日本薬局方」では、生薬を「動植物の薬用とする部分、細胞内容物、分泌物、抽出物または鉱物など」と定義しています。一般的には「天然から得られる薬用植物、動物や鉱物などの薬用とする部分を、乾燥などの簡単な加工を施してそのまま医薬品として使用するもの...  漢方薬局を営んでいく上で大切なのが「生薬」です。 「日本薬局方」では、生薬を「動植物の薬用とする部分、細胞内容物、分泌物、抽出物または鉱物など」と定義しています。一般的には「天然から得られる薬用植物、動物や鉱物などの薬用とする部分を、乾燥などの簡単な加工を施してそのまま医薬品として使用するもの」(

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)