医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

審査建言

問われる後発品の共同開発

医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団理事長 土井脩

2015年11月1日号

 医療費削減のため、長期収載品から後発品への変更が、ここのところ厚生労働省によって強力に進められており、長期収載品を数多く持つ企業は厳しい状況に追い込まれている。一方、後発品の使用促進策により、追い風を受けた後発品メーカーは売上げを大きく伸ばしている。  それに伴い、後発品分野に参入する企業も増...  医療費削減のため、長期収載品から後発品への変更が、ここのところ厚生労働省によって強力に進められており、長期収載品を数多く持つ企業は厳しい状況に追い込まれている。一方、後発品の使用促進策により、追い風を受けた後発品メーカーは売上げを大きく伸ばしている。  それに伴い、後発品分野に参入する企業も増加し

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)