医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

「ヘルスケア企業」へ脱皮図る旭化成

成否は閉塞感漂う石化事業の対処次第

2013年7月15日号

 旭化成が事業ポートフォリオを本格的に見直している。現在の姿は、IR資料などで「住宅とLSIを持つ総合化学メーカー」と謳う通りヘルスケア分野の存在感は薄いが、2020年近傍をメドに「ヘルスケア事業をケミカル・住宅と並ぶ太い支柱にする」(藤原健嗣社長)という方針を打ち出した。昨年4月に約1800億円で買収...  旭化成が事業ポートフォリオを本格的に見直している。現在の姿は、IR資料などで「住宅とLSIを持つ総合化学メーカー」と謳う通りヘルスケア分野の存在感は薄いが、2020年近傍をメドに「ヘルスケア事業をケミカル・住宅と並ぶ太い支柱にする」(藤原健嗣社長)という方針を打ち出した。昨年4月に約1800億円で買収した

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)