医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

患者会

公益財団法人 日本ダウン症協会

2013年5月15日号

フェアな「命の選択」を竹村和浩広報出版委員 4月から全国の大学病院など21施設で始まった新型の「出生前診断」の臨床研究。妊婦の血液から、ダウン症など胎児の染色体異常の有無を調べるものだ。欧米など海外で普及してきている流れのなかで、日本でも臨床研究がスタートした。しかし、結果によって中絶を選ぶ妊婦が増... フェアな「命の選択」を竹村和浩広報出版委員 4月から全国の大学病院など21施設で始まった新型の「出生前診断」の臨床研究。妊婦の血液から、ダウン症など胎児の染色体異常の有無を調べるものだ。欧米など海外で普及してきている流れのなかで、日本でも臨床研究がスタートした。しかし、結果によって中絶を選ぶ妊婦が増加

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)