医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究の成果とプロモーション

第2回 観察的研究で優位の主張はできない

2013年4月1日号

 製薬業界にとって有効性比較研究(CER)は、ライバル製剤との差別化を主張し、主張される機会と危険の両方を意味する。プロモーションへの援用が可能かどうかで意気込みも警戒度も違ってくるが、食品医薬品局(FDA)の見解は簡明だった。医薬品評価調査局医療政策策定副課長J.P.グリフィンと法務部幹部は「F...  製薬業界にとって有効性比較研究(CER)は、ライバル製剤との差別化を主張し、主張される機会と危険の両方を意味する。プロモーションへの援用が可能かどうかで意気込みも警戒度も違ってくるが、食品医薬品局(FDA)の見解は簡明だった。医薬品評価調査局医療政策策定副課長J.P.グリフィンと法務部幹部は「FDA

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)