医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

話題の焦点

「視力改善で明るい経済見通し」

2013年2月15日号

 近眼、遠視、乱視、老眼と言えば、どれも屈折異常による眼科疾患であるが、世界では7億人余の人々が、これらの視力障害で日夜不自由な生活を強いられている。 もし、これらの人々に、メガネやコンタクトレンズあるいは手術により、一斉に視力矯正を施せたら、16兆円もの大きな経済的便益がもたらされるとの試算が最近...  近眼、遠視、乱視、老眼と言えば、どれも屈折異常による眼科疾患であるが、世界では7億人余の人々が、これらの視力障害で日夜不自由な生活を強いられている。 もし、これらの人々に、メガネやコンタクトレンズあるいは手術により、一斉に視力矯正を施せたら、16兆円もの大きな経済的便益がもたらされるとの試算が最近発

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)