医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

制度改正端境期の製薬各社の戦略

医薬品業界新年展望(後編)

クレディスイス証券調査本部株式調査部ディレクター 酒井文義

2013年1月15日号

 14年度の薬価改定へ向け、すでに中央社会保険医療協議会で検討が始まっている。その第1弾が長期収載品の薬価のあり方に関する中間とりまとめである。先発品と後発品の薬価の差、長期収載品の薬価と後発品への置き換えについて出された中間まとめは長期収載品にとっては厳しい内容である。  先発品(長期収載品)と後...  14年度の薬価改定へ向け、すでに中央社会保険医療協議会で検討が始まっている。その第1弾が長期収載品の薬価のあり方に関する中間とりまとめである。先発品と後発品の薬価の差、長期収載品の薬価と後発品への置き換えについて出された中間まとめは長期収載品にとっては厳しい内容である。  先発品(長期収載品)と後発

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)