医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

新薬の市場環境を読む

リウマチ薬の転機となった「ゼルジャンズ」

第33回

バークレイズ証券株式調査部 関篤史

2012年12月1日号

 ファイザーの「ゼルジャンズ」(一般名トファシチニブ)がPDUFAアクション日(承認審査完了目標日)や米国リウマチ学会前に承認され、11月6日の株式市場取引後、ファイザーはメディアと電話会議を開催した。 メトトレキサートで十分に奏効しないか忠容されない中程度〜重度関節リウマチ患者の治療を適応とした経...  ファイザーの「ゼルジャンズ」(一般名トファシチニブ)がPDUFAアクション日(承認審査完了目標日)や米国リウマチ学会前に承認され、11月6日の株式市場取引後、ファイザーはメディアと電話会議を開催した。 メトトレキサートで十分に奏効しないか忠容されない中程度〜重度関節リウマチ患者の治療を適応とした経口

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)