医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究をどう進めるか

第5回 RA生物学的製剤の体系的評価(前)

2012年11月1日号

 米国の有効性比較研究(CER)は2009〜10年に一気に基盤を整えた。景気刺激策の一環として連邦資金11億ドルを計上、研究費補助を通じてCERの種を撒いた後、医療改革法のなかで「患者中心の結果研究所」(PCORI)を設けた。CER推進の基幹になる公私提携組織の運営理事会には産業界や患者代表が参加、公私...  米国の有効性比較研究(CER)は2009〜10年に一気に基盤を整えた。景気刺激策の一環として連邦資金11億ドルを計上、研究費補助を通じてCERの種を撒いた後、医療改革法のなかで「患者中心の結果研究所」(PCORI)を設けた。CER推進の基幹になる公私提携組織の運営理事会には産業界や患者代表が参加、公私の保

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)