医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

2012年診療報酬改定の解体新書・概説

「強火」に転じた勤務医負担軽減・外来縮小策

その5

2012年9月15日号

 ここ最近、診療報酬改定の主要な眼目に毎回掲げられているのが「勤務医の負担軽減」だ。救急のたらい回しなどで「医療崩壊」が社会問題化したことを背景に、08年改定から「緊急課題」「重点課題」として謳われるようになった。  これまでになされてきたことは、例えば入院基本料の一部引き上げや救急・産科・小児科...  ここ最近、診療報酬改定の主要な眼目に毎回掲げられているのが「勤務医の負担軽減」だ。救急のたらい回しなどで「医療崩壊」が社会問題化したことを背景に、08年改定から「緊急課題」「重点課題」として謳われるようになった。  これまでになされてきたことは、例えば入院基本料の一部引き上げや救急・産科・小児科の評

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)