医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究をどう進めるか

第1回 RA生物学的製剤の臨床試験設計(Ⅰ)

2012年9月1日号

 最適な治療の指針として比較情報の充実を図る取り組みがコンセンサスになり、有効性比較研究(CER)の報告が多く目にできるようになってきた。大雑把な有効性と安全性の対比から、サブ・グループ別、患者特性にきめ細かく対処できる指標が志向されている。 科学的に厳格な分析を可能にする直接比較臨床試験ですべ...  最適な治療の指針として比較情報の充実を図る取り組みがコンセンサスになり、有効性比較研究(CER)の報告が多く目にできるようになってきた。大雑把な有効性と安全性の対比から、サブ・グループ別、患者特性にきめ細かく対処できる指標が志向されている。 科学的に厳格な分析を可能にする直接比較臨床試験ですべてカ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)