医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

歯科からの提言 古くて新しい病巣疾患

全身疾患は口から治す

第1回

相田歯科クリニック院長 歯学博士 相田能輝

2012年8月15日号

 病巣感染は、多くは感染症に起因する体の一部に慢性微少炎症が起こり、そこが原病巣になってほかの部位で病域が発症することである。病巣感染の考え方は20世紀初頭、米国シカゴ大学医学部長のF・ビリングスの研究によって広く知られるようになった。 病巣感染は口腔内が最も生じやすいとし、60%が扁桃(扁桃病巣感...  病巣感染は、多くは感染症に起因する体の一部に慢性微少炎症が起こり、そこが原病巣になってほかの部位で病域が発症することである。病巣感染の考え方は20世紀初頭、米国シカゴ大学医学部長のF・ビリングスの研究によって広く知られるようになった。 病巣感染は口腔内が最も生じやすいとし、60%が扁桃(扁桃病巣感染

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)