医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

深層◎日医会長選

キャスティングボート握った大阪府医

Part3 元日医会長のジレンマ

辰濃哲郎

2012年4月15日号

選挙終了後に記者会見に応じる横倉会長(左から2番目) 3月14日、大阪駅に程近いザ・リッツ・カールトン大阪の会議室で、元日本医師会長で大阪府医師会の顧問を務める植松治雄氏は、若い府医幹部らを前に、重い口を開いた。 「もし私と伯井君だったら、負け戦とわかっていても、全国を回り倒して原中君の支持を訴えて... 選挙終了後に記者会見に応じる横倉会長(左から2番目) 3月14日、大阪駅に程近いザ・リッツ・カールトン大阪の会議室で、元日本医師会長で大阪府医師会の顧問を務める植松治雄氏は、若い府医幹部らを前に、重い口を開いた。 「もし私と伯井君だったら、負け戦とわかっていても、全国を回り倒して原中君の支持を訴えていた

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)