医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

長瀬産業「林原」買収の成否

専門商社から生命関連企業に転換できるか

2012年4月1日号

 今年1月の米イーストマン・コダックの破産法申請を、複雑な思いで見つめた2つの会社があった。ひとつは、ドイツのアグファ・ゲバルトとともに、世界3大フィルムメーカーの一角としてコダックと凌ぎを削った富士フイルムホールディングス。もうひとつは大阪の老舗商社・長瀬産業だ。  1923年に映画用フィルムの輸入販...  今年1月の米イーストマン・コダックの破産法申請を、複雑な思いで見つめた2つの会社があった。ひとつは、ドイツのアグファ・ゲバルトとともに、世界3大フィルムメーカーの一角としてコダックと凌ぎを削った富士フイルムホールディングス。もうひとつは大阪の老舗商社・長瀬産業だ。  1923年に映画用フィルムの輸入販売

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)