医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

2025年のジェネリック市場の姿

接近する長期収載品とジェネリック

第4回

株式会社日医工医業経営研究所所長 菊地祐男

2012年4月1日号

 2年前の10年度薬価改定で長期収載品の追加引き下げが行われた。通常改定に加え、さらに薬価が▲2.2%深堀された。この〝追加引き下げ〟とはジェネリックのシェアが政府の目標に届かなかったため、医療費抑制の未達成分を先発品メーカーに一定程度負担してもらう仕組みである。  12年度も実行され、下げ幅こそ▲0.9%と...  2年前の10年度薬価改定で長期収載品の追加引き下げが行われた。通常改定に加え、さらに薬価が▲2.2%深堀された。この〝追加引き下げ〟とはジェネリックのシェアが政府の目標に届かなかったため、医療費抑制の未達成分を先発品メーカーに一定程度負担してもらう仕組みである。  12年度も実行され、下げ幅こそ▲0.9%と縮

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)