医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

武田、誤算で導入貧血薬に見切り

市場性薄れた「ペギネサタイド」、国内販売は敬遠

2012年1月1日号

 売るべき商材が多すぎるというのも困りものだ。  武田薬品が12月16日に腎性貧血治療薬「ペギネサタイド」の国内販売権を手放す意向を示したのも、そういう文脈であれば、苦笑交じりに受け止めることができるかもしれない。  何しろ同社は、昨年来の新製品ラッシュに恵まれ、目下、営業本部はMR増員の誘惑と戦いな...  売るべき商材が多すぎるというのも困りものだ。  武田薬品が12月16日に腎性貧血治療薬「ペギネサタイド」の国内販売権を手放す意向を示したのも、そういう文脈であれば、苦笑交じりに受け止めることができるかもしれない。  何しろ同社は、昨年来の新製品ラッシュに恵まれ、目下、営業本部はMR増員の誘惑と戦いなが

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)