医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

長期収載品「連続追加下げ」の衝撃

後発品使用「停滞」、“詰め腹”の切り方を探る

2011年12月1日号

「先発品の薬価は後発医薬品の薬価を目指して大幅に引き下げ、医療費の支出と国民の負担を最小限にすべき。併せて、先発品薬価と後発品薬価の差額の一部を自己負担とすることについて検討すべき」。  行政刷新会議の「提言型政策仕分け」が11月22日に打ち出した先発品と後発品問題に関する提言である(傍点筆者)。前... 「先発品の薬価は後発医薬品の薬価を目指して大幅に引き下げ、医療費の支出と国民の負担を最小限にすべき。併せて、先発品薬価と後発品薬価の差額の一部を自己負担とすることについて検討すべき」。  行政刷新会議の「提言型政策仕分け」が11月22日に打ち出した先発品と後発品問題に関する提言である(傍点筆者)。前段は

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)