医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

後発品使用促進に「黄信号」点滅

次回改定で迫られる「責任」の取り方

2011年10月15日号

 後発品使用が思うように進んでいない。09年9月の薬価調査での数量シェアは20.2%だったから、「12年度末までに30%以上」という目標を掲げる政府は、11年9月の薬価調査で26%前後の数値を望むだろう。だが、協会けんぽの調査(表参照)では、今年6月時点で23.1%。診療報酬改定があった10年4月時点の21.6%と比べて大...  後発品使用が思うように進んでいない。09年9月の薬価調査での数量シェアは20.2%だったから、「12年度末までに30%以上」という目標を掲げる政府は、11年9月の薬価調査で26%前後の数値を望むだろう。だが、協会けんぽの調査(表参照)では、今年6月時点で23.1%。診療報酬改定があった10年4月時点の21.6%と比べて大き

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)