医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

家庭医療学「本格化」の胎動

医学部は多種職連携の教育を

2011年10月1日号

 最高気温が33度に達した日もあった8月6〜8日の3日間。そんな暑さ以上に〝熱い〟若者たちが筑波大学に集結、第23回家庭医療学夏期セミナー(日本プライマリ・ケア連合学会学生・研修医部会主催)が開催された。参加者157人、参加講師160人、計317人。講師の多さが特筆される。教育にも熱心なのが家庭医なのだ。  その...  最高気温が33度に達した日もあった8月6〜8日の3日間。そんな暑さ以上に〝熱い〟若者たちが筑波大学に集結、第23回家庭医療学夏期セミナー(日本プライマリ・ケア連合学会学生・研修医部会主催)が開催された。参加者157人、参加講師160人、計317人。講師の多さが特筆される。教育にも熱心なのが家庭医なのだ。  その背

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)