医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

「緩和ケア後進国」日本の課題

「除痛」できない医師は去るべき

2011年9月1日号

 06年のがん対策基本法の制定を受け、がん治療の一環として緩和ケアを提供することが掲げられた。また、10年には緩和医療専門医を認定する制度も始まった。WHO(世界保健機構)委員として「WHO方式がん疼痛治療法」の作成に加わり、長年WHOの仕事に従事してきた医師の武田文和氏は、こうした動きを、このうえ...  06年のがん対策基本法の制定を受け、がん治療の一環として緩和ケアを提供することが掲げられた。また、10年には緩和医療専門医を認定する制度も始まった。WHO(世界保健機構)委員として「WHO方式がん疼痛治療法」の作成に加わり、長年WHOの仕事に従事してきた医師の武田文和氏は、こうした動きを、このうえな

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)