医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

名門復活に意欲燃やす元会長

「鐘紡」の名を残すため、神戸の病院に執心

2011年8月1日号

 「老いの一徹」いや「元名経営者の執念」と言うべきなのかもしれない。 かつて旧鐘紡の社長、会長を務め、中曽根康弘首相からジャンボ機墜落事件後の日本航空の再建を要請されて日航の会長に就任したこともある伊藤淳二氏(写真)が、旧鐘紡の企業内病院としてスタートした「神戸百年記念病院」(旧鐘紡記念病院)と...  「老いの一徹」いや「元名経営者の執念」と言うべきなのかもしれない。 かつて旧鐘紡の社長、会長を務め、中曽根康弘首相からジャンボ機墜落事件後の日本航空の再建を要請されて日航の会長に就任したこともある伊藤淳二氏(写真)が、旧鐘紡の企業内病院としてスタートした「神戸百年記念病院」(旧鐘紡記念病院)と裁

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)