医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

親会社孤立でリスク増す大日本住友

住友化学には「二の次」の医薬品事業

2011年8月1日号

 「アムロジピン」の特許切れというカタストロフから逃れるため、庇護を求めた財閥系企業での“避難所暮らし”。だが、居心地は決していいものではなく、新薬「ルラシドン」も合併相手の創製品とあって肩身は狭い──。 発足からこの秋で丸6年が経過する大日本住友製薬の、旧大日本製薬社員の悲哀を擬人化す...  「アムロジピン」の特許切れというカタストロフから逃れるため、庇護を求めた財閥系企業での“避難所暮らし”。だが、居心地は決していいものではなく、新薬「ルラシドン」も合併相手の創製品とあって肩身は狭い──。 発足からこの秋で丸6年が経過する大日本住友製薬の、旧大日本製薬社員の悲哀を擬人化すれば

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)