医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

定まらぬ慢性期医療のカタチ

「もぐら叩き」と「進化」のプロセスで産み落とされた不合理

2011年7月15日号

 「もうやめませんか。4・3㎡の6人部屋や8人部屋。質は上がらないでしょ?ダメなものは切っていかないと、質が上がらないんですよ」 居酒屋で盛り上がるマニアックな“病院談義”ではない。れっきとしたシンポジウムでの、座長発言だ。 6月末から7月初頭にかけて札幌で開催された日本慢性期医療学会(写真...  「もうやめませんか。4・3㎡の6人部屋や8人部屋。質は上がらないでしょ?ダメなものは切っていかないと、質が上がらないんですよ」 居酒屋で盛り上がるマニアックな“病院談義”ではない。れっきとしたシンポジウムでの、座長発言だ。 6月末から7月初頭にかけて札幌で開催された日本慢性期医療学会(写真)

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)