医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

「多職種交流」求め始めた医学生

「チーム医療」実現に向けた小さな一歩

2011年7月15日号

 医療は医師が中心だが、医師だけで行うことはできない。多職種が関わって、しかもチームとして力を発揮することで、最善・最良の医療を提供できる。 日本では、これまで「チーム医療」の必要性が叫ばれてきた。だが、多くは、医師からのトップダウンによる指示でスタッフが動くというものだった。多職種が連携すると...  医療は医師が中心だが、医師だけで行うことはできない。多職種が関わって、しかもチームとして力を発揮することで、最善・最良の医療を提供できる。 日本では、これまで「チーム医療」の必要性が叫ばれてきた。だが、多くは、医師からのトップダウンによる指示でスタッフが動くというものだった。多職種が連携するとい

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)