医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

海外時報

乳がん適応取り消しは「想定内」

アバスチン、オフラベル用途での支払いは継続

2011年7月15日号

 転移性乳がん(MBC)1次療法としての「アバスチン」の適応承認を継続したいという申し立てを、米FDA(食品医薬品局)抗がん剤諮問委員会に一蹴されたロシュ/ジェネンテックにとって、CMS(メディケア・メディケイド・サービス庁)と欧州委員会(EC)の発表は打撃を和らげ、面目を繕う救いになった。 6月...  転移性乳がん(MBC)1次療法としての「アバスチン」の適応承認を継続したいという申し立てを、米FDA(食品医薬品局)抗がん剤諮問委員会に一蹴されたロシュ/ジェネンテックにとって、CMS(メディケア・メディケイド・サービス庁)と欧州委員会(EC)の発表は打撃を和らげ、面目を繕う救いになった。 6月28

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)