医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

もはや避けられない病診機能分化

地域包括医療で「総合医」制度化の可能性

2011年7月1日号

 団塊の世代が75歳を迎える、いわゆる「2025年問題」への対応が急務と言われるなか、日本全体として際立った進展が見えてこない。病院中心だった日本の医療は、とくに地方で医療崩壊が進み、この先への不安は大きい。  しかし、まだ数は少ないが、地域包括医療・介護の動きが出ているのは明るい兆しである。地域包括...  団塊の世代が75歳を迎える、いわゆる「2025年問題」への対応が急務と言われるなか、日本全体として際立った進展が見えてこない。病院中心だった日本の医療は、とくに地方で医療崩壊が進み、この先への不安は大きい。  しかし、まだ数は少ないが、地域包括医療・介護の動きが出ているのは明るい兆しである。地域包括医療

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)