医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

MR活動実態調査レポート

「ザイザル」発売によるD活性化

新時代のMR活動実態調査・SMAXデータ分析63

エスマックス株式会社 株式会社グッドサイクルシステム 医薬情報戦略室 医療ビジネスコンサルタント 谷津田義久

2011年2月15日号

 春先の花粉シーズンを控え、抗アレルギー剤領域が活況を呈してきた。とくに久し振りの新薬である「ザイザル」の発売もあって、既存の汎用抗アレルギー剤もD(ディテール)量を増している。後発品問題が絡むなか、保険薬局での後発品変更にも目配りしつつ、処方医への活動を行わなければならないが、保険薬局における...  春先の花粉シーズンを控え、抗アレルギー剤領域が活況を呈してきた。とくに久し振りの新薬である「ザイザル」の発売もあって、既存の汎用抗アレルギー剤もD(ディテール)量を増している。後発品問題が絡むなか、保険薬局での後発品変更にも目配りしつつ、処方医への活動を行わなければならないが、保険薬局における活動

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)