医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

後発品使用促進の次に来る「新世界」

先発・後発一括りで、業界が恐れる「禁断の果実」

(株)薬新 井高恭彦

2011年2月1日号

 政府が掲げている「後発医薬品の使用促進」も、やがて終わりが来る。かつて声高に叫んだ「医薬分業の推進」がそうだったように、各種政策が一定程度、実を結べば、きっと旗を降ろすときが来るだろう。しかし、具体的な時期や、将来の市場のあるべき姿について関係者の意見はバラバラ。まったく統一感がない。  そも...  政府が掲げている「後発医薬品の使用促進」も、やがて終わりが来る。かつて声高に叫んだ「医薬分業の推進」がそうだったように、各種政策が一定程度、実を結べば、きっと旗を降ろすときが来るだろう。しかし、具体的な時期や、将来の市場のあるべき姿について関係者の意見はバラバラ。まったく統一感がない。  そもそも

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)