医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究の実際

第27回 前立腺がん3つの療法の比較(前)

2011年2月1日号

 前立腺がん治療は有効性比較研究(CER)を通じて著しい改善が見込まれる領域である。局所性のステージの療法として米国泌尿器科学会ガイドラインは前立腺切除、放射線、待機(積極的サーベイランス)を挙げているが、相対的評価はなく、最適な管理法は確立されていない。地域、医師間のバラつきが大きい。年19.2万...  前立腺がん治療は有効性比較研究(CER)を通じて著しい改善が見込まれる領域である。局所性のステージの療法として米国泌尿器科学会ガイドラインは前立腺切除、放射線、待機(積極的サーベイランス)を挙げているが、相対的評価はなく、最適な管理法は確立されていない。地域、医師間のバラつきが大きい。年19.2万件の

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)