医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究の実際

第26回 CER推進に対する市民の警戒感(下)

2011年1月15日号

 患者の判断を助ける情報提供は歓迎だが、患者負担や給付制限に使われないか心配だ。これがA.S.ガーバー(エール大学)らによる有効性比較研究(CER)に関する世論調査が示した米国民の感覚だった(「国民が有効性比較研究に期待するのは(診療方針の)義務化・強制でなく情報」、ヘルス・アフェアーズ2010年10月)...  患者の判断を助ける情報提供は歓迎だが、患者負担や給付制限に使われないか心配だ。これがA.S.ガーバー(エール大学)らによる有効性比較研究(CER)に関する世論調査が示した米国民の感覚だった(「国民が有効性比較研究に期待するのは(診療方針の)義務化・強制でなく情報」、ヘルス・アフェアーズ2010年10月)。 

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)