医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

MSAパートナーズ レポート

能動的姿勢を強めるCMS

受身の支払者から価値に基づいた購入者へ

2011年1月1日号

 米食品医薬品局(FDA)は10年4月29日、がん治療用ワクチンの「プロベンジ」を、転移性去勢抵抗性(ホルモン治療抵抗性)前立腺がん治療を適応として承認した。自己細胞ベースの免疫療法として初めてのFDA承認薬剤の誕生である。  治療用がんワクチンの開発を試みる他の企業が次々と開発後期で中止に追い込まれ...  米食品医薬品局(FDA)は10年4月29日、がん治療用ワクチンの「プロベンジ」を、転移性去勢抵抗性(ホルモン治療抵抗性)前立腺がん治療を適応として承認した。自己細胞ベースの免疫療法として初めてのFDA承認薬剤の誕生である。  治療用がんワクチンの開発を試みる他の企業が次々と開発後期で中止に追い込まれる

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)