医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

住宅で進める介護公費減らし

厚労・国交両省が促進する「高専賃」の正体

2010年11月15日号

 大部屋で、ときに同室者同士、排泄臭を“共有”しながら起居する自分を想像できるだろうか。終の棲家として、いつ訪れるかしれない絶命の日まで、そこで住まう自分を、である。 今、特別養護老人ホーム(特養)の個室割合は3割、残り7割が大部屋の「多床室」で、大半の入所者が現実にそう暮らしていること...  大部屋で、ときに同室者同士、排泄臭を“共有”しながら起居する自分を想像できるだろうか。終の棲家として、いつ訪れるかしれない絶命の日まで、そこで住まう自分を、である。 今、特別養護老人ホーム(特養)の個室割合は3割、残り7割が大部屋の「多床室」で、大半の入所者が現実にそう暮らしていることを

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)