医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

広告展開にみるMSDの構造問題

希薄だった「カイゼン」機能を改善できるか

2010年11月1日号

 「みらいを すこやかに できる薬」——。旧万有製薬と旧シェリングプラウの統合新会社MSDが今、企業認知度を高めるために展開している広告のキャッチフレーズである。都内でも、病院通いのお年寄りが待つバス停など意外な場所に掲出されているため見かけた人も多いに違いない。パブリシティーを通じて新会社が訴え...  「みらいを すこやかに できる薬」——。旧万有製薬と旧シェリングプラウの統合新会社MSDが今、企業認知度を高めるために展開している広告のキャッチフレーズである。都内でも、病院通いのお年寄りが待つバス停など意外な場所に掲出されているため見かけた人も多いに違いない。パブリシティーを通じて新会社が訴えよ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)