医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本のメディカルツーリズム論

息吹き返す市場原理主義の象徴

最終回 狙いは国内市場開放と混合診療解禁

2010年9月15日号

 メディカルツーリズムは、日本の医療市場を、国際的に開放し、高水準の日本の医療を道具に観光資源も使って、外国人を呼び集めることである。とはいえ、日本に来る観光客は、年間8000万人のフランスの10分の1にも満たない。「観光」をどのような定義で区切るかでこの数字は変わるが、それにしても世界遺産の登録数も...  メディカルツーリズムは、日本の医療市場を、国際的に開放し、高水準の日本の医療を道具に観光資源も使って、外国人を呼び集めることである。とはいえ、日本に来る観光客は、年間8000万人のフランスの10分の1にも満たない。「観光」をどのような定義で区切るかでこの数字は変わるが、それにしても世界遺産の登録数もかな

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)