医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

深層◎価格交渉

薬価差圧縮目標の「本音」

加算メーカーが気を揉む価格水準

2010年6月1日号

 どのような商売にも「相場観」というものが存在する。 製品の取引価格がどの水準で落ち着くのかが、企業存続の生命線となる。ところが、企業は自らの首を絞めるとわかっていても、過度な値引き合戦に突入してしまう。 2年前の08年度。医薬品卸は「史上最悪の決算」とトップが宣言するほどの競争に明け暮れ、利益を...  どのような商売にも「相場観」というものが存在する。 製品の取引価格がどの水準で落ち着くのかが、企業存続の生命線となる。ところが、企業は自らの首を絞めるとわかっていても、過度な値引き合戦に突入してしまう。 2年前の08年度。医薬品卸は「史上最悪の決算」とトップが宣言するほどの競争に明け暮れ、利益を大幅

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)