医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

海外時報

「有効性比較」が民間保険に波及

製薬会社の“自画自賛研究”は困難に

2010年5月1日号

 さまざまな治療戦略の臨床的な価値を比べる有効性比較研究(CER)が、米国医療の恒常的な仕掛けとして組み込まれる状況が到来する。9月には患者中心の結果調査研究所が設けられ、活動を始める。 医療ITの普及とともに、2年間で11億ドルの研究体制の整備と、研究補助費が初めて盛り込まれたのは昨年2月のこと。...  さまざまな治療戦略の臨床的な価値を比べる有効性比較研究(CER)が、米国医療の恒常的な仕掛けとして組み込まれる状況が到来する。9月には患者中心の結果調査研究所が設けられ、活動を始める。 医療ITの普及とともに、2年間で11億ドルの研究体制の整備と、研究補助費が初めて盛り込まれたのは昨年2月のこと。オバ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)