医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

有効性比較研究の実際

第9回 評価法で変わるRA治療のCER

2010年5月1日号

 診断間もないリウマチ性関節炎(RA)患者の治療を、インフリキシマブを含む薬剤併用療法で治療を始めるとき、最初の2年、質調整年(QALY)で測った改善は大きいが、高額製剤の費用が大きく、費用効果的とは言えない。もちろん、この間の労働生産性回復も考慮すれば費用対効果比(CER)は改善する。失った労働生産性と...  診断間もないリウマチ性関節炎(RA)患者の治療を、インフリキシマブを含む薬剤併用療法で治療を始めるとき、最初の2年、質調整年(QALY)で測った改善は大きいが、高額製剤の費用が大きく、費用効果的とは言えない。もちろん、この間の労働生産性回復も考慮すれば費用対効果比(CER)は改善する。失った労働生産性と家族

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)