医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

業界尽言

長期収載品大幅引き下げの功罪

第54回 大局観のある厚労官僚の不在

薬事評論家 香澄 汐

2010年2月15日号

 政権交代により、診療報酬財源を生むためにほぼ恒例となっていた新薬の薬価引き下げの見直しや、医薬品産業振興への舵切りが期待されていたが、医薬品業界の期待はやはり夢に過ぎなかったことが明らかになった。 世界的な不況下で、わが国の産業界も例外ではなく、国内を覆う不況、デフレの嵐のなかで、医薬品業界だ...  政権交代により、診療報酬財源を生むためにほぼ恒例となっていた新薬の薬価引き下げの見直しや、医薬品産業振興への舵切りが期待されていたが、医薬品業界の期待はやはり夢に過ぎなかったことが明らかになった。 世界的な不況下で、わが国の産業界も例外ではなく、国内を覆う不況、デフレの嵐のなかで、医薬品業界だけ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)