医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

JTに医薬事業「売却」話が再浮上

本体はアサヒビールと統合観測、鳥居薬品は「出戻り」に?

2010年2月1日号

 日本たばこ産業(JT)が手掛ける医薬事業を巡って、またゾロ「売却話」が語られるようになってきた。87年の新規参入以来、売上高の半分近い毎年200億〜300億円もの研究開発費を投じながら、しかも四半世紀近い歳月を費やしてもなお「自立」できない姿はよく知られている。  日本たばこ産業(JT)が手掛ける医薬事業を巡って、またゾロ「売却話」が語られるようになってきた。87年の新規参入以来、売上高の半分近い毎年200億〜300億円もの研究開発費を投じながら、しかも四半世紀近い歳月を費やしてもなお「自立」できない姿はよく知られている。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)