医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

ドクターかでいのくすりの裏技

「褥瘡」を巡って

第25回

かでい伝次郎

2010年1月15日号

 高齢者は肺炎を繰り返しやすく、治療に安易に広域抗生物質を使用すると耐性菌をつくってしまう。これを戒める意味で、しばしば内科医、ウィリアム・オスラーの「肺炎は老人の友」という格言が引用される。つまり、虚弱高齢者の肺炎の治療には、体力の保持増進が重要なのであって、薬の力で無理やり治しても、いずれは...  高齢者は肺炎を繰り返しやすく、治療に安易に広域抗生物質を使用すると耐性菌をつくってしまう。これを戒める意味で、しばしば内科医、ウィリアム・オスラーの「肺炎は老人の友」という格言が引用される。つまり、虚弱高齢者の肺炎の治療には、体力の保持増進が重要なのであって、薬の力で無理やり治しても、いずれは薬

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)