医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

第一三共が抱える「11年」問題

屋台骨に響きかねない3つのリスク

2009年12月1日号

日本の製薬大手が苦しむ「2010年問題」に無縁とされてきた第一三共。しかし、意外と知られていないが、その翌年の11年以降には、同社の屋台骨を揺るがすようなリスクが待ち構えている。順を追って説明しよう。メドコによる直接比較試験米国の薬剤給付管理(PBM)会社大手のメドコ・ヘルスソリューションズが10月20日... 日本の製薬大手が苦しむ「2010年問題」に無縁とされてきた第一三共。しかし、意外と知られていないが、その翌年の11年以降には、同社の屋台骨を揺るがすようなリスクが待ち構えている。順を追って説明しよう。メドコによる直接比較試験米国の薬剤給付管理(PBM)会社大手のメドコ・ヘルスソリューションズが10月20日に

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)