医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医薬品卸のMSの価値証明と新たな方向性

医薬分業の進展とMSの処方元への販促

第2回

クレコン リサーチ&コンサルティング株式会社取締役副社長木村 仁

2009年12月1日号

 前回(10月1日号)では、医薬品卸のMSを取り巻く環境の変化が、処方元への販促を難しくさせていること、それでも医師の処方に対してMSが少なからずインパクトを与えていることについて述べた。今回からは、そのインパクトが、施設の処方形態・薬効・地域などによってどう変化するのかをみていく。そして、今回は、...  前回(10月1日号)では、医薬品卸のMSを取り巻く環境の変化が、処方元への販促を難しくさせていること、それでも医師の処方に対してMSが少なからずインパクトを与えていることについて述べた。今回からは、そのインパクトが、施設の処方形態・薬効・地域などによってどう変化するのかをみていく。そして、今回は、医

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)