医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

ワクチン後進国の思考停止状態

「パンデミック」をカネで解決しようとしてみても

2009年10月15日号

 日本のインフルエンザワクチンの歴史は、安全性と有効性を巡る議論に翻弄され続けてきた。  日本で現在のインフルエンザワクチンの原型であるスプリットワクチン(HAワクチン)が使われ始めたのは72年。それまでは、ウイルスを分解しない全粒子ワクチンが使われていたが、不純物を十分に取り除くことができず、副...  日本のインフルエンザワクチンの歴史は、安全性と有効性を巡る議論に翻弄され続けてきた。  日本で現在のインフルエンザワクチンの原型であるスプリットワクチン(HAワクチン)が使われ始めたのは72年。それまでは、ウイルスを分解しない全粒子ワクチンが使われていたが、不純物を十分に取り除くことができず、副反応

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)