医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

再編の成果検証

無意味だった中堅下位同士の合併

第5回 あすか製薬

2009年10月1日号

 あすか製薬は05年10月1日に、帝国臓器製薬とグレラン製薬が合併して発足した。唯一の中堅企業同士の再編だった。帝国臓器は武田薬品グループ企業で販売を武田薬品に依存していた。グレランも武田薬品グループ企業から長瀬産業傘下になったが、両社は同根の企業と言える。合併直前の05年3月期の売上高は帝国臓器が206...  あすか製薬は05年10月1日に、帝国臓器製薬とグレラン製薬が合併して発足した。唯一の中堅企業同士の再編だった。帝国臓器は武田薬品グループ企業で販売を武田薬品に依存していた。グレランも武田薬品グループ企業から長瀬産業傘下になったが、両社は同根の企業と言える。合併直前の05年3月期の売上高は帝国臓器が206億円

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)